<   2011年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

八重山の旅 4日目 黒島(2日目)

この旅の1番の目的の島、ウシの島「黒島」念願の黒島。本当に人間よりウシの方が圧倒的に多かったです。野生化したクジャクが妙にたくさんいて、鳥が苦手な私は突然クジャクが現れた時は、自転車で転びそうになってしまいました。ウシのエサをクジャクが横取りするそうで、牧場の方たちに嫌われているそうです。白い鳥(サギかな?)もたくさんいたけど、黒のウシと白の鳥は何だか相性がよく見えました。

f0118879_22371386.jpg


黒島のウシは、当たり前かもしれないけど本当に人慣れしてない。人口200人の島だし観光客の人も、そんなにウシに近づくこともないだろうし、ウシたちも知らない人にここまで、まじまじと見られたことがないから当然かもしれません。集団で私のこと観察して、ちょっとした瞬間、距離間で猛ダッシュで私から逃げて行った時は、何もしないのにと寂しくなったけど、珍しい体験が出来て逆に面白かったです。逃げないウシもちゃんといましたよ。
f0118879_22373598.jpg

f0118879_2238513.jpg


f0118879_22382411.jpg


自転車で、朝から夕方まで島中を自転車で走り回りました。何回同じ道を通ったか。島の人は少なかったけど、同じ人に何回も会って初めはあいさつしたりしてたけど、会うたびに何してるんだろう?って思われててるだろうなと、気まずくなりました(笑)足の筋肉痛がその日に出て、寝るとき痛くて寝つきが悪くなるほどでした(笑)

黒島の素敵な場所

黒島は、本当に良い島でした。もともと黒島はパワースポット的な島だそうで、風が通るというか何か不思議な空気が流れているような素敵な島でした。

伊古桟橋 

海と空の境が分からないくらいの中に桟橋がとても映えるなと思いました。ここでは、旅で宿仲間の大奥さんのお友達が、結婚式のときにバージンロードにしたそうで、素敵だなと思いました。

f0118879_232389.jpg


仲本海岸 

宿から近かったので宿に戻る前に仲本海岸に行ってしばし「たそがれ」ました。夜、仲本海岸に同じ民宿に泊まった人たち数人で星を観に行って、ちょうど月明かりもなかったので本当に真っ暗で、解りやすいオリオン座が解らなくなるほど、星が空一面にびっちりですごく感動しました。実家の方も星は綺麗だと思っていたけど、南の星空は本当に最高でした。流れ星も流れていたみたいだけど、私は見つけられませんでした。


f0118879_22553847.jpg



今回の旅では、本当に良い出会いがあり宿仲間と島の人たちと本当に楽しく過ごしました。
60歳を過ぎてから、島を巡ってボランティアをしているKATOMANさん、外国に留学していたときのお友達が黒島にいるということで、黒島に来たピアニストの大奥さん。おふたりとは本当に、お会いできて良かったです。ゆんたく楽しかった。2泊目は牛祭りの前夜だったので、宿泊客が多くゆんたく楽しかったです。近所のれんこうおじいとも、連日ゆんたくしたし島人たちも良い方ばかりでした。

f0118879_23284092.jpg


黒島に来て、海外でも賞を取られているすごいピアニストの方のピアノが聴けるとは思っていませんでした。黒島の小中学校で、大奥さんのコンサートがありました。とても素敵でした。

宿の「のどか」のヤギたち

愛嬌があってかわいかったです~

f0118879_23384937.jpg

f0118879_23391662.jpg



黒島研究所
水槽に近づくと、顔出して離れると引っ込めてまた近づくと顔を出して、面白かった。ガイドブックに載っていたウミガメのパンちょっと食べるのがかわいそうな感じでした。

f0118879_036262.jpg

f0118879_0362811.jpg


盛り沢山な4日目でした~
[PR]
by begobegoushi | 2011-03-28 23:43 | 全国ウシ

再開

今回の地震、津波で被災した人たちのことを想うとせつなくて、ずっと気分が沈んだまま自分には、何ができるのかとずっと考えていました。被災した人たちに元気になってもらうためには、まず他の場所に住む人たちが元気を出して、ちょっとしたことでも自分ができることをやることが大切なんだと思います。できる限り早く、被災した人たちが安心して過ごせるようになることを祈っています。
[PR]
by begobegoushi | 2011-03-28 22:01 | 生活

八重山の旅 3日目 竹富島 ガラスアイランド(石垣島) 黒島(1日目)

2月25日(3日目)は、竹富島に行ってきました。竹富島は、会社のおじさんの実家があるのでいろいろと話しを聞いていたので、当初おじさんのお兄さんが案内してくれる予定だったのですが、不幸があってその日は忙しいとのことだったので、自転車を借りて周りました。

f0118879_22451490.jpg
なごみの塔、島の町並みを一望できる。階段がかなり急で、しかも階段の幅がかなり狭いので、上り下りに苦戦しました。でもこの塔以外に高いものがないから、とても気分が良かったです!

f0118879_22485866.jpg

赤瓦屋根の町並みや白砂の道は、沖縄!って感じがとてもしました。

f0118879_22521371.jpg
カイジ浜のネコたち。ネコが多いことで有名。本当にたくさんのネコがいました。こんな感じの海にネコは、初めて見ました。漁業、港にいるネコとは雰囲気が違いました。

f0118879_22582091.jpg
水牛車、海の中の西表と沖縄らしい町並みの竹富、また違う感じで良かったです。

f0118879_2315133.jpg
島の中心に、水牛たちが休憩しています。パラソルと南国の木、何だか良いですね。

f0118879_2342135.jpg
もっとウシに会いたいと思い探していると、綺麗なグレーのウシたちを発見。初め私にびっくりして一斉に逃げて様子を覗ってから、寄って来てくれました。
f0118879_237983.jpg


すごいウシを発見!今までで1番の天然パーマウシ。というかパンチパーマ?に見える。
良いウシに会えた!

f0118879_2374164.jpg

f0118879_238752.jpg


3日目は結構ハードスケジュールで、竹富島から石垣島にも戻り、グラスアイランドのガラス体験でグラスを作りました。吹いて空気を入れて、くるくる回して短時間で出来ました。だいぶ前から、ガラスに興味を持っていてやってみたいと思っていたので、あっという間だったから何だかもっとやりたかったです。
f0118879_23213230.jpg


そして、いよいよメインの島黒島に。宿は、「のどか」15時半ぐらいに黒島に着いて、宿に荷物を置いて早速、自転車で黒島チェックに向かいました。本当にウシの島。仲本海岸で、まったりして宿に戻りました。この日は、宿に泊まるお客さんは私入れて3人。泡盛飲み放題。酒好きな人には、本当にうれしい。宿では、宿仲間のKATOMANさん、大奥さんと・・・・この続きはまた。
[PR]
by begobegoushi | 2011-03-10 23:35 | 全国ウシ

石田正志 写真展 仔牛の日常

f0118879_2335636.jpg今日、会社帰り神田珈琲で行われている石田さんの写真展を観に行ってきました。平日だったので店内、仕事の打ち合わせ的な方がたくさんいて、じっくりは観ること出来なかったけど、優しい写真だなと思いました。仔牛の写真に囲まれて癒されました。同じ題材でも、本当に人それぞれのウシがあるなと思います。
[PR]
by begobegoushi | 2011-03-09 23:44 | ウシ

八重山の旅 2日目 西表島(由布島)

f0118879_22585963.jpg
2月24日(2日目)は、西表島の水牛に会いに行ってきました。西表島は、見所がたくさんだけどいろいろ行かずに、10時半頃から14時半過ぎまで行き来する水牛を見たりして、由布島のみで過ごしました。由布島は、西表島(見原集落)対岸にある周囲2キロの離れ小島で、島全体が砂でできています。島へは約400メートルの遠浅の海を水牛車で渡ります。水牛の他にやぎ、猪、ウマなどもいました。ブーゲンビリア、ハイビスカスも綺麗でした。長くなるので書かないけど、由布島ストーリも素敵です。知りたい人はインターネットで調べてみて下さい。

f0118879_22533789.jpg

f0118879_2303846.jpg

休憩中だったり、まだ仕事に出てない水牛たち。のんびりまったりしてました。

f0118879_2342938.jpg

水牛は、休憩中でも仕事中でも水の中でしかウンチをしないように仕付けてあるそうです。
水牛を観察していたら、やっぱり普通見慣れたウシとは違うなと特に毛が剛毛に見えるけど、どんな感触なのかなと思い、水牛使いの人に聞いたら触ってみて良いよと言われたので触ってみたら、見た目よりは柔らかかったけど、ブラシみたいな感じでした。水牛は、毛穴がなく汗をかかないから、すごい量のおしっこをするとのことです。水牛と水牛使いは、ころころ変わらずに同じウシと水牛使いで、仕事をするそうです。かなり至近距離で、しつこく写真を撮ったけど水牛はおとなしかったです。初めて水牛を見て、本当にかっこいいなと思いました。

f0118879_23211653.jpg


水牛以外の動物

f0118879_23233054.jpg

仲の良い子ヤギ

f0118879_23241847.jpg

イケウマ。イケメンみたい。

f0118879_23254661.jpg

ブーゲンビリア元気の出る花です。

由布島を満喫して石垣島に戻り、石垣島をモチーフにしたおしゃれなTシャツなどを、売っているmahina meleというお店に行きました。たくさんあったので、すごく迷って1枚決めました。あとで、Tシャツの写真載せます。夜ご飯は、森のこかげというお店で食べました。お店の方も気さくな方だったし、おいしかったです。こんな感じで2日目が終了しました。
[PR]
by begobegoushi | 2011-03-08 23:43 | 全国ウシ

八重山の旅 1日目 石垣島

2月23日(1日目)羽田8時30分発の飛行機で出発。石垣には、12時45分に着き、予約していたレンタカーで、石垣島の最北端の平久保崎に向かいました。(平久保牧場があるのでウシに会えるだろうと思い)レンタカーにはカーナビが付いていたので、道に迷うことはなかったけど、カーナビの操作が始め全然わからなくて、なかなかスタートできませんでしたが・・・天気予報は曇りとのことだったけど、良い天気でした。地元の方が天気予報は、ころころ変わるから、あてにならないと言っていました。私も本当、そう思いました。晴れる分には構わないですけどね。

平久保崎
f0118879_172426.jpg

f0118879_1725763.jpg


海の色と空の色が同じ感じで、本当に地球は丸いんだな~と思わせてくれるような岬でした。

f0118879_1751276.jpg

f0118879_1753299.jpg

f0118879_17615100.jpg


車を走らせていると、至るところにウシがいました。なかなか人がいなくてウシに近づくことができず・・・そしたら、道になんと立派な牛が!!!!車を速攻止めて、牛舎の方に牛を見せてもらいました。ウシが好きで、ウシの写真を撮りに来たと言うと、珍しいとびっくりされました。ここの牛舎には3頭の闘牛がいました。強い闘牛の性格とか、闘牛のこと島のことなど教えて頂きました。強い闘牛は、普段はおとなしくて静かで落ち着きのある牛、いざ戦いになると止まらなくなるそうです。私が、近づいても本当に動じない感じでした。

f0118879_179983.jpg

f0118879_1723289.jpg

f0118879_17261668.jpg
f0118879_1726353.jpg


いろいろお話しをしてくれたあと、玉代瀬さんと牛は散歩に行きました。玉代瀬さんに、闘牛の写真とか新聞記事が展示されている南の島というお店を教えてもらって、夜ご飯はそこに食べに行きました。隣のおじさんに泡盛をごちそうになり、朝が早かったので早めにホテルに戻り1日目が終了しました。良いスタートがきれた1日でした。
[PR]
by begobegoushi | 2011-03-06 17:42 | 全国ウシ

東京に戻って、朝起きたら唇が更にひどいことになっていたので、その日のうちに仕事を中抜けして、皮膚科に行きました。日焼けなどのダメージでヘルペスになってしまったとのことでした。血液検査と塗り薬をもらい、その後金曜日に血液検査の結果を聞きに行きました。そしたら、もともとヘルペスをもっていて再発したらしいです。ということは、前にもなっていたみたいです。普通ならヘルペスを持っていても、出ることはないそうだけど、考えてみたら旅に出る前は、ずっとかなりの疲れがたまっていたので、それも原因でした。なかなか治らないので飲み薬ももらいました。本当に、唇がぐちゃぐちゃになり、変化がすごかったです。やっと今日あたりから痛みとぐちゃぐちゃも治まってきました。早く、完治して買ってきた泡盛を飲みたい~
[PR]
by begobegoushi | 2011-03-05 17:43 | 生活